投資不動産のメリットとは

株式投資と並び昨今何かと話題に挙がる投資不動産。なぜこれほど投資不動産が話題になるのかと言えば、それは投資不動産のメリットにあります。幾つかのメリットがある中で、特に3つのメリットを強調しましょう。

まず1つの目のメリットは、不動産を第三者に貸し出すことで、毎月安定した家賃収入が入ってくる点です。日本国債の金利がマイナスである今、投資不動産の利回りであるキャップレートは非常に魅力的です。2つ目のメリットは、不動産価格がゆっくり変動するため、その価格変動で株式のように一喜一憂する必要がない点です。

そのため、売却などの対策も焦ることなく時間に余裕を持って考えることができます。3つ目のメリットは、安定収入が得られるだけではなく不動産価格の上昇も狙える点です。不動産価格は、株式との相関が強く景気が良い時は上昇し、不景気な時は下落する傾向があります。景気変動を読むことで不動産価格上昇によるキャピタル・ゲインも狙えます。

もちろん投資不動産にはこうしたメリットだけではなく空室リスクなどのリスクも存在します。しかし、リスクをうまくコントロールしさせすれば、上で挙げたようなメリットは非常に大きなものになるはずです。