投資不動産はどうして比較的安全な投資と言われるのか

投資不動産といえば、お金持ちがする投資と思われている方も多いと思いますが、昨今では、サラリーマン大家も多くなっています。銀行もそういった投資を後押ししており、今年は不動産への融資額が、バブル期を超える10兆円を超えたとのことです。これからは、年金の代わりに、生活資金の足しに、セミリタイアを目指すなど様々な理由で、投資不動産を始める人が増えると考えられています。

なぜ、比較的安全な投資と言われているのでしょうか。株式投資、FX投資など、投資を行う際は、現金か、信用買いでお金を借りるといった方法になります。いずれにしても、自分のお金を使って投資を行います。しかし、不動産の場合は、他の投資とは違い、銀行の融資を受けて行います。

キャピタルゲイン狙いの短期の売買は別として、通常投資不動産は、賃料(インカムゲイン=継続的な収入)をもらうことで、収益を上げます。銀行が物件の価値とその賃料を担保に融資をしてくれます。銀行が、あなたの不動産事業に対して、融資を行うということになり、どちらかというと銀行との共同事業になります。銀行が事業として認めているのですから、投資不動産が比較的安全な投資と言われるのはそのためなのです。投資不動産を始める前に、まず融資を受けることが出来るかが重要になります。