投資不動産はインフレ時にメリットが発生する

投資不動産をしていると、日本全体がインフレ傾向になったときには効力を発生することになります。それが不動産自体は価値が変わらないというものです。インフレになると物価が上がるため、言い換えればモノの価値が上がります。今までよりも多くのお金を出さないと買えないことになるので、インフレになるとモノの価値が上昇するということが言えるのです。逆に言うと、同じ金額でもインフレになるとお金の価値が下がるということが言えます。

インフレになったときにはモノを持っている方が有利というか、金銭的な価値が大きくなりやすいため、不動産はインフレになったとしても価値は変わらないという性質によってメリットを持つことになります。

したがって、お金を持っているよりもモノに代えておいたほうがインフレ時には適していると言えるでしょう。今の日本において、今後どれだけインフレ傾向に傾くことがあるか?は分かりませんが、そうなったときには投資不動産をしていることが、インフレへの最大の対策と言えるかもしれません。

景気を良くしようと、国によるインフレ傾向に持っていこうとする動きはありえますから、インフレがこの先起きないとは言えないのです。いざというときの備えの意味も含めて、投資不動産はメリットがあると言えるでしょう。